ATMの手数料ってどこが安いの?各銀行の手数料を比較

みなさんはお金が必要になったとき
どこでお金を下ろしますか?

毎回日を決めて1週間や1ヶ月分のお金を
決まった場所で下ろす計画的な人や、
足りなくなったらその場でATMを探して
下ろす人もいます。

1回の手数料は少ない金額ですが
下ろす回数が増えれば増えるほど、
その金額はどんどん大きくなっていきます。

どうせ下ろすなら手数料が
お得のATMで下ろしたいですよね。

そんなATMに関連することを紹介します。

スポンサードリンク

銀行によるATMの手数料の違い

時間や曜日によって手数料は変わりますが、
1番高い手数料で比較します。

同じ銀行のATMは時間内であれば無料になります。


◯三井住友銀行
時間外とコンビニ 210円

・お得な情報
預金残高が10万以上ある場合は、
時間外でも無料になります。

また、30万円以上預金残高がある場合は、
コンビニのATMの手数料が4回/月無料になります。


◯みずほ銀行
時間外とコンビニ 210円

・お得な情報
みずほ銀行が提供するみずほマイレージクラブに入会すれば、
月末に預金残高が10万円以上ある場合、
時間外・コンビニATMの手数料が4回/月無料です。


◯りそな銀行
時間外 無料
コンビニ 210円

・お得な情報
りそな銀行は時間外でもATM手数料が無料です。

他銀行で下ろすなら、特典の手数料無料を利用して
コンビニを利用してみると良いかもしれませんね。


ネット銀行が注目されている
楽天銀行やジャパンネット銀行をはじめとする
ネット銀行が注目されています。

では、ネット銀行のどんな所がメリットなのか?

◯手数料が無料になる
◯リアルタイムで残高を確認できる 携帯スマホ



◯手数料が無料になる
銀行でも手数料が無料になる条件がいくつかありますが、
ネット銀行の場合は自動的に手数料が無料になる所があります。

その他にも条件はありますが、
条件が緩く無料になりやすい傾向にあります。


◯リアルタイムで残高を確認できる 携帯スマホ
銀行の残高というのはATMに行き通帳に記帳しなければ
変動などを確認できませんが、
ネット銀行は、ネットでリアルタイムに残高を確認できます。

それに加え、PCに加え携帯やスマホからでも
確認ができる優れものです。


なぜネット銀行は手数料が安いのか?セキュリティが弱いから?

なぜネット銀行の手数料が安いかというと、
セキュリティなどが弱いからではありません。

ネット銀行は通常銀行にある人件費や土地や建物に関する
維持費を必要としません。

なので、手数料が安くても営業ができる仕組みになっています。

普段、私は1ヶ月使用する分をあらかじめ下ろして、
それ以降ほとんど下ろさないようにしていたのですが、
ネット銀行も併用して使っていきたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ