小学生へのお年玉の相場っていくら?あげる相手別4パターン!

子どもの時って正月が楽しみでしたよね。
なんていってもお年玉がもらえますから。

自分が大人になったいまは、あげる番ですが ^^;)

親戚づきあいがそれなりにあると、
お年玉ってけっこうな出費です。

事前にお年玉袋とともに準備しとかないといけませんね。

今回は、小学生へのお年玉の相場についてご紹介します。

スポンサードリンク

低学年か高学年かによっても若干違います

それでは、皆さんは実際、小学生にはどのくらいの
お年玉をあげているのでしょうか?

自分がもらった金額や、子どもがもらった金額、
友人や親戚にもいろいろと話を聞いた結果をまとめますね。


1)両親から子どもへあげる場合

両親から子供へあげるお年玉の相場は、

小学校低学年で千円~三千円、
小学校高学年で三千円~五千円

が多いです。

両親からはあえてあげないって家庭もありました。

まあ、親としてはおこづかいあげてますしね。

ただ、お年玉だよってあらためてあげると絶対喜ぶので、
小額でも準備するといいですよ。


2)親戚の子どもへあげる場合

それでは、親戚の子供へのお年玉はどうでしょうか?

この場合も小学校低学年で千円~三千円、
小学校高学年で三千円~五千円

が一番多かったです。

だけど、子どもがもらうお年玉を見て思うことがあります。

それは、千円はちょっと寂しいかな
ってことです。

確かに低学年の小学生なら、千円で十分なんですが、
正直・・・ちょっとケチくさいなあ、なんて思っちゃいます。

なので、うちが親戚の子にあげるお年玉は最低金額2,000円からにしてます。

出費が倍って考えるよりも、やっぱり正月くらい喜んでもらいたいですよね。

スポンサードリンク


3)友人や知人、同僚の子どもへあげる場合

また、友人や知人、同僚の子供へお年玉をあげる際には、

小学校低学年・高学年とも平均して三千円
といったところでしょう。

親戚と違って必ずあげるっていうことはなくて、
正月に会う機会があったら、そのとき渡す
って感じですね。


4)祖父母から孫へのお年玉

祖父母から孫へのお年玉は、両親から子供への相場よりも多いのが一般的ですね。

小学校低学年で五千円、
小学校高学年で一万円といったところです。

子どもの時のお年玉のメインイベントは、やっぱりおじいちゃん、おばあちゃんからの
お年玉でした。

なんせ、他のおじさん、おばさんからもらう額よりも、大きいですからね。

それは、いまも昔もかわらずってことですね。

さいごに

小学生のへのお年玉の相場についてご紹介しました。

お年玉は親戚どうして、価格を一律に決めているって意見もありました。

とくに決めてない場合は、親戚からいくらもらったかが参考になるので、
覚えておくようにするといいですね。

お年玉は子供たちにとっては楽しみの一つ。

一年の始まりを笑顔でスタートしてもらいたいから、
できるだけ相場ぐらいにはあげたいものですが、
お金以外にも好きなものを買ってあげるなどのケースも増えているようです。

12月に入りましたので、うちもそろそろ準備を始めたいと思います。

あそこの子どもは、いま小学校・・・何年だっけ?
って感じに、親戚の子どもの学年を思い出すとこからですね。

【関連記事】
>>大学生へのお年玉の2015年の相場は?成人してからもあげる?

>>中学生のお年玉の相場はいくら?2015年の最新事情!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ