6月の季節の花って何だか知ってますか?

桜が満開に咲いて、新緑の季節が過ぎた頃から、
色とりどりの花が私たちの心を和ませてくれます。

6月は、梅雨の時期をのぞけば散歩に最適の陽気を迎えます。

散歩に出かけると様々な花に出会って「6月に見かける花のこと、ちょっと知りたいな」
と思った時に、こちらの記事を是非ご覧になってください。

スポンサードリンク

都内でも花を愛でられるスポットは沢山ありますので、
6月に足を運んでいただきたいおススメの公園などもご紹介したいと思います。

最後にご紹介する6月におススメの観光スポットでは、沢山の花に出会うことができますよ。

自然の美しい花を眺めて、心も癒されたいものです。

散歩でよく見かける、6月の花は?


近所を歩くだけでも、6月はたくさんの花に出会えると思います。

中でも代表的なのは、アジサイですよね。

アジサイの色は本当に様々で、よく見ると花びらの形も違っていたりして、
梅雨時の憂うつな気分を解消してくれるものです。

また、あまり聞いたことがない名前かもしれませんが「昼咲月見草」も
6月ころに咲く上品なお花で、川沿いに群生している姿も美しいものです。

他には菖蒲も6月に見頃となる花です。

以前「ブラタモリ」で放送されていた千駄ヶ谷の鳩森八幡神社では開山式の頃、
ちょうど見頃を迎えます。

他にもカルミアというちょっと珍しい花も6月頃に見かけるお花です。

都内で6月におススメの公園は?

都心でも緑が多く、花が咲く公園は意外にたくさんあるものです。

5~6月にかけて咲く代表的なお花にバラが挙げられます。

わざわざ遠出をしなくても、お買い物の帰りにちょっと足を運べそうなのが、
日比谷公園です。

ここは、自由に出入りが出来るとても広い公園で、6月はバラの花が見頃となるようです。

また同じく都心の公園で、バラを観賞できるのが、新宿御苑です。

こちらは入園料が必要となりますが、オリジナルのバラグッズなども販売されています。

もっと本格的にバラを観賞したい方には、神代植物公園がおススメかもしれません。

5月の中旬から6月にかけて春のバラフェスタが開催されています。

花を楽しむ旅など、いかがですか?

北海道では、6月になると様々な花が見頃を迎えます。

北海道と言えば富良野のラベンダー畑が有名かと思いますが、
ラベンダーは6月の中旬あたりから見頃を迎えます。

他にはマリーゴールドが6月になると、美しいオレンジ色で皆の気持ちを明るくしてくます。

また、あまり聞いたことがない名前かもしれませんが、「ハマナス」という花も6月辺りから見頃を迎えます。

ハマナスはバラ科で強い花なので、北海道の砂浜の海岸沿いに自生しているものを見かけることができます。

北海道は関東のような梅雨時期はないので、6月に花を見に行くには最適のエリアだと思います。


まずは、近くの公園に出かけて、季節の花を楽しむ!というのがおすすめですね。

今週末当たりいかがでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ