母の日にメッセージカードを贈ろう!例文からかわいいデコまで!

5月の第2日曜日は「母の日」です。
2015年は5月10日(日)になりますから、準備はぬかりなく!

生まれてから今まで、お世話になりぱなっしの母親に感謝の気持ちを伝えるチャンスです。

普段言葉にするのは気恥ずかしけど、母の日というイベントなら
堂々とプレゼントを贈れます!^^;)

ものを贈るのももちろん喜んでくれますが、
せっかくですから、普段思っているけど口に出せていない
メッセージをメッセージカードに込めるっていうのはどうですか?

言葉ってほんと力があります。

言わなくてもわかるだろうっていう気持ちは誤解の元です。

しっかりと自分の気持ちを文章にしましょう。

せっかくならかわいいカードで、デコレーションも楽しんじゃいましょう!

今回は、母の日に贈るメッセージカードについてご紹介します。

何を書けばいいのか?どんなメッセージカードにするべきか?についてまとめたので、
参考にしてくださいね!

スポンサードリンク

感謝の気持は具体的に表現しよう!

日頃言えない「ありがとう」をメッセージカードに書くことはとても大事ですが、
なにがありがとうなのかを詳しく書くことが大事です。

例えば例文ですが
「いつも美味しいご飯をありがとう」や
「家事を頑張ってしてくれてありがとう」などです。

それに加えて

「お母さんの作るオムライスがすごく好きで、
晩御飯がオムライスだとワクワクする」と、

何が好きかをしっかり書くことをおすすめします。

また、お仕事については、詳しく分からないこともあると思いますので、
そういう場合はお母さんがお仕事頑張ってくれているおかげで
『どう助かっているのか』を書くと良いです。

ただ漠然と「ありがとう」と書かれても、まあそれはそれで嬉しいですけど、
詳しく書くと、「こんな風に思ってくれていたのか」と嬉しさも倍増されます

自分に置き換えて考えてもらってもそうじゃないでしょうか?

照れくさいことも、素直に書きましょう。

義理の母の場合

自分のお母さんじゃない場合もあります。

そういう時は「お母さんのお陰で、ふたりとも幸せに暮らせています」など、
しっかりと労いつつお義母さんとのエピソードなども含めておきましょう

ここでもだいじなのは、具体的にってことです。

決して「姑さん」や「お義母さん」といった、他人行儀な表現は使わないようにしてください。

血は違っても、あなたのお母さんであることには違いないのです。

スポンサードリンク


メッセージカードの選び方

メッセージを考えるのと同時に、メッセージカードもかわいいものを選びましょう!

実際に文具屋さん等で見ることもできますが、時間がない!でもパソコンがある!
という方には、メッセージカードの無料配布を行っている
ホームページ
がたくさんありますので、ここでご紹介します。

1)さきちん絵葉書

こちらは何種類ものメッセージカードを提供してくださるホームページ。

デザインは可愛らしい物が多く、種類も豊富なので選びやすいです。

可愛い小物が好きなお母様ならこちらから選んでみるのが良いと思います。


2)テンプレートBANK

こちらも母の日のメッセージカードだけではなく、
たくさんの種類のデザインがあります。

こちらも可愛いデザインが多いのですが、さきほどご紹介したホームページのものとは違い、
手描きではなくパソコンで描いたという印象を持つデザインが多いです。

お子様が書くメッセージカードでしたら、こういうものが好きかもしれません。


気に入ったものがアレば印刷してしまいましょう。

もちろんパソコンでメッセージも書いてしまうのも良いのですが、
できれば手書きにしたほうが喜ばれます

印刷の用紙ははがきサイズのものが良いと思います。

印刷が自分でできない方は、写真屋さんやコンビニなどに行くと、
USBメモリーやSDカードから印刷できる機械があるので、
それを使って印刷すると綺麗に仕上がります。

デコレーションも忘れずに!

せっかくですから、デコレーションで可愛く仕上げましょう!

マスキングテープでデコレーションするっていうのが手軽で簡単です。

マスキングテープは今なら可愛いデザインの物が多いです。

こののマスキングテープを使って、プレゼントBOXのようにできるやり方をご紹介します。


1)プレゼントBOX風カード

メッセージカードを二つ折りにします。

※カードの種類によっては二つ折りできないものがありますので、
 その場合は文字を書いてない裏面を使うと良いです。

マスキングテープを横から一周ぐるっと貼ります。

※この時、マスキングテープを真ん中に貼ります。

次に、縦からマスキングテープを一周貼ります。

ここで、真ん中に貼るのではなく、左の方に寄せるとよりプレゼントのようになります。

貼れたら今度は短く切ったマスキングテープの、先と先をくっつけます。

※丸い輪っかを作るのではなく、雫の形にするように、接着面同士をくっつけます。
※接着面が出るように、少しずらしてくっつけましょう。


輪っかのテープができたら、先ほどカードに貼ったマスキングテープの
2箇所が合わさっているところに貼っていきます。

数が多くなり過ぎない程度に、輪っかを貼っていき、花の形にできたら完成です。

あまりごてごてし過ぎるとかえって汚く見えてしまうので気をつけましょう

さいごに

今回は、2015年は5月10日(日)の母の日に贈るメッセージカードについて、
文例やかわいく仕上げるためのデコレーション等ご紹介しました。

私不器用だから・・・

ってしり込みしている方も大丈夫!

絵心がない、不器用で綺麗にできない、こう思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
むしろそれが笑い話に発展したり、苦手なのに頑張ってくれたという嬉しさに発展します

渡すときは「いつもありがとう」という言葉を忘れずに添えてください、その気持が大事ですので。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ