エアコンの取り外し料金っていくら?大阪では?家電量販店では?

エアコンって電気代かかりますよね。

冬に1日中つけっぱなしにしたりすると、びっくりするような金額になります。

引越し等の時等は、いまのエアコンを取り外して、引越し先に持っていくっていうのも
ありですが、年数がけっこう経ってるなら、いまのは廃棄して、
新しいのを買ったほうがランニングコストを抑えられたりします。

やっぱり、消費電力を抑える工夫も格段に進歩してますからね。

さて、エアコンを取り外して廃棄処分しようとしたときって
どれくらいの料金がかかるんでしょうか


取り外しも難しそうだし、室外機もあるしで、けっこうかかりそうな予感がしますね。

今回は、エアコンを取り外すときの料金についてご紹介します。

>> 引越し屋に頼んだ時の料金はこちら!

▼エアコンの電気代については以下記事を参考にしてください!
>> エアコンの電気代の簡単な計算方法をわかりやすく解説!

>> 電気式床暖房とエアコンの電気代を比較!どっちが高い?

スポンサードリンク

基本業者に依頼しよう!

エアコンは扇風機等と比べて、空気を冷やす仕組みが複雑です。

なので、よし自分で取り外そう!っていうのは無謀です。

エアコン・クーラーは、「室内機」と「室外機」に分かれており、
この「室内機」と「室外機」を繋ぐ管の中には空気を冷やすための
特別なガスが入っている
為、間違った取り外し・取り付けをすると
ガスが漏れてしまう危険があります。

それは、とても危険なことですし、ガスがない為に空気が暖まらなかったり、
冷えなかったりする不具合が生じてしまいます。

その為、「自分で取り付ける・自分で外す」ことはせず、
「業者」に頼んでやってもらいましょう。

ガスの補充やパイプの交換が必要な場合も、別途費用がかかる場合がありますが、
対応して頂けるので、安心して任せておきましょう。

大阪で取り外す時の料金は?

大阪ではどうなの?っていう疑問の声が多いので、お答えします。

今回は「堺電工」をご紹介いたします。

こちらでは、以下内容にてエアコンの取り付け・取り外しの業務を承っています。

○新品エアコン 標準取り付け工事:¥13,000

○エアコン処分:¥2,500

○エアコン標準取り外し工事
・処分:¥5,000
・移設:¥6,000


○中古エアコン標準取り付け工事:¥10,000

ネットで買ったエアコンでも、対応してくれます。

また、追加工事が出ないように事前に電話でほぼ明確な電話料金をお伝えしています。


次に代表的な家電量販店のケースをご紹介します。

スポンサードリンク


ヤマダ電機の場合

ヤマダ電機でのエアコンの取り付け費用についての詳細です。

標準取り付け工事:¥7,000~17,143(重さによって異なります。)

エアコン取り外し・移設工事:¥2,000~5,000(タイプによって異なります。)

エアコン移設工事(同一屋内):¥18,000~23,000(配管の新古で異なります。)

この他、化粧カバー付けや室外機の設置、コンセント設置等、追加料金が増えていきます。


ケーズデンキの場合

ケーズデンキでのエアコンの取り付け費用についての詳細です。

ケーズデンキでは、設置・工事のお申し込みをした場合、
現地にて最終の見積もりをしてくれます。

そして、設置完了後、全額を「現金」にて支払う必要があります。

(標準工事料金は、商品代金に含まれています)

その為、設置した際、追加工事料金のお支払を「現金」でする必要が出てきます。)

標準工事料金:¥9,515~14,515(重さによってことなります)

既設エアコン取り外し工事:¥5,000(追加工事料金の対象となります。)

この他、ヤマダ電機同様の追加工事が発生することになります。

ジャパネットたかたの場合

ジャパネットたかたでは、商品を以下のような流れでお届け・取り付けの作業を行います。

流れ:注文→商品発送→商品到着→設置・引き取り

注文時に、発送日・訪問日をご指定します。

また、場合によっては別途工事費用がかかる場合がありますので、ご注意をお願いします。

<費用の見積もり>
エアコン取り外し料金:¥3,240

リサイクル料金:¥1,620

収集・運搬料金:¥6,480

さいごに

今回はエアコンの取り外し料金についてご紹介しました。

地域では大阪の場合、
業者別では、代表的な家電量販店の例をご紹介しました。

そろそろ、エアコンも新品に取り換えようかなぁ、引っ越すから、
エアコンを移動させなきゃ・・など、考えられている方も、
この記事を参考に自分で信頼できる業者を探して、お願いしてみてください。

だいたい1万円はかからなそうです。
比較的常識的な値段で撤去ができそうだって感じたんじゃないでしょうか?

気をつけていただきたい点として、「悪徳業者」がいる点をお伝えいたします。

「悪徳業者」のポイントは、「格安での対応」「現場に来て、追加工事を依頼する」
「実は、一般的な業者よりも高く見積もりをとる」など、様々あります。

十分に気を付けてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ