レギンスとスパッツの違いはこれ!上手に着こなそう!

最近よく耳にするファッション用語のひとつに「レギンス」があります。

でも、すこし前までは「スパッツ」と言ってなかったけ?

そんな風にかんじている方も少なくないでしょう。

私もです。^^;)

それでは、このスパッツとレギンスの違いについてご紹介します。

スポンサードリンク

スパッツって何?

年代によっては、「レギンス」という言葉よりも
「スパッツ」という言葉の方が聞きなれているという方も多いでしょう。

ご存知の皆さんも多いと思いますが、
スパッツは1980年代から流行が始まって
現在30代後半から40代の方にはなじみも長いものです。

当時は、ミニスカートに合わせたり、
女子高生がスカートの下にはいていたりしました。

スパッツといえば、腰から膝下または、足首までを覆っているタイプで
タイツとはちがって、足は出ている状態のものですね。

さらに、コットン製やウールなど厚手のものが多いでしょう。

レギンスって何?

最近、よく耳にするようになったのが「レギンス」。

でも、スパッツもレギンスも見た目は同じように見えますよね。

何が違うのでしょうか?

「レギンス」の方は2006年頃から流行が始まって
若い子を中心にレギンスという言葉が広がりました。

スパッツとレギンスは同じもので言葉を言い換えることで
オシャレ感がアップしたという説もあります。

基本的には、あまり違いはありませんが、
レギンスの場合はナイロン製などスパッツよりは
薄手のものを呼んでいる場合が多くあります


また、ブランドによっては膝上丈のものをスパッツ、
膝より下の丈のものをレギンスと呼んでいる
所もあったりします。

スポンサードリンク


コーディネイトするなら?

そんな流行のレギンスやスパッツを自分のコーディネイトに
プラスしたいと思っても、どんなコーディネイトがいいか
わからないという方のために、オススメのコーディネイトをご紹介しましょう。

スパッツやレギンスとの相性がいいものは、丈の短いボトムスです。

とくにミニスカートやショートパンツの下にレギンスなどを合わせると、
丈の短さもきになりませんし、足を出す勇気のない方でも楽しめます

ここらへんは、昔ながらの使い方ですね。

おしゃれを損なわない防寒具としても大活躍です。

デニムのスカートなどシンプルなボトムスに、
あえてカラーのレギンスを合わせてもおしゃれですね。

基本的にはカジュアル要素がつよいレギンスですので、
スニーカーを合わせたりしますが、もちろんパンプスなどで
すっきりと足元を見せれば、大人っぽいコーデになります。

さいごに

スパッツとレギンスの違いについてご紹介しました。

まとめると、基本違いはほぼないけど、
ショップによって長さや素材で名前を
使い分けているところもあるということです。

主婦の方は、自分の娘と話をする時は、
あえてレギンスといったほうが、会話がスムーズかも・・ですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ