札幌の冬の暖房にかかる光熱費っていくら?電気代は?

北海道に住んでいる友人・知人がけっこういたりします。
私の弟夫婦も札幌在住です

たまに子どもを連れてお邪魔したりするのですが、
のんびりとしてちょっとうらやましかったりします。

やっぱり当然北海道ですから。冬は雪に囲まれて寒くなります。

冬は暖房費用がめっちゃかかるんじゃないか?

勝手ながら想像していましたが、意外に・・・

今回は札幌の暖房事情と光熱費がどれくらいかかるのか?についてご紹介します。

スポンサードリンク

暖房器具は「ストーブ」がメイン

北海道のメイン暖房器具はストーブです。

関東でもストーブを使っている家庭も多いですが、
灯油を買ったり・追加したりが面倒だったりするので、
エアコンや床暖房を使っている家庭も増えてます。

ただ、やっぱり電気器具ってのは料金がかかるんですよね。

コストを考えると、ストーブってことですね。

札幌のストーブでは、ff式と呼ばれるものから、
煙突がついているものまで、バリエーション豊かです。

関東で煙突の付いている家なんて、ほとんどないですもんね。

1)暖房器具その1ff式ストーブ小型

あまり広くはない賃貸アパートに備え付けてある事の多い型のものです。

このタイプは、電源を付けると温風が吹き出てきます。

いいと思う点は、直ぐに温まる所ですね。

でも熱しやすく冷めやすいなというのが、使ってみた感想です。

あと、温風が出続けるため、空気が乾燥しやすいので、
加湿器も一緒に使ってみてもいいと思います。

女性は特にお肌の事もありますので、湿度は大事ですね。

ですが、ガスで稼働するものより光熱費は安くつきます

日中は外にいることが多い人であれば、
灯油料金は月5,000程度とのこと。

意外に普通ですよね。
あくまでも灯油の時価にもよりますが。

北海道の住宅って、寒い土地に建てる建物だけあって、
寒さ対策がされているってのもありますが。

いつか住んでみたいけど、光熱費がかかるのでは?って
ちょっと心配していて方には朗報じゃないでしょうか。

スポンサードリンク


2)煙突式ストーブ

煙突ってけっこうあこがれますよね。

このタイプは戸建てに多く設置されているメジャーなストーブです。

最近では煙筒が無いタイプも出回っています。

価格は5万円~でしょう。

友人宅のストーブがこのタイプなのですが、
買った当時の価格で5~6万円だったとのことです。

いい所は、急激な温めではなくて、ゆるりと温めてくれる

大きなものなので、戸建てのリビング他二部屋まで温まります

温風が出るタイプではないので、風が直接身体に当たってしまう事も無いので、
気管支喘息の友人の喉にも辛くないとのことでした。

暖房器具なので、やはり空気が乾燥するので、
アロマ加湿器も併用して香りも楽しむってのが良いです。

灯油代金だけで言えば、暖房器具の大きさや家にいる時間で変わってきますが、
5,000円~で済むと思います。

話を聞いた弟夫婦や友人宅は、仕事の都合で昼間誰もいなくなる生活スタイルなので、
昼間もってことになると、もうちょっとかかると思います。

煙突式は小さな子供がいらっしゃる方には、
やけどをしないように注意してもらいたいですね。

暖房器具のメンテナンス料金もかかります

灯油代とは別に、暖房器具のメンテナンスをシーズンオフに一回はした方が良いので、
そちらのお値段も参考までに載せますね。

色々部品交換込みで、友人宅の場合は15,000円で毎年、点検してもらっています。

なので、光熱費だけでなく、メンテナンス代金も考えていただきたいですね。

電気料金はどれくらいかかる?

電気料金については、北海道でもそうかわらないです。

だた、北電が値上げなど最近は価格が不安定なので、
友人宅の場合、最低の契約アンペア数で大体、
4,000円ほど掛かっている
とのことです。

やっぱりあまり電気に依存しないってのが
良いようですね。

もう一つの事例をご紹介すると、
弟嫁のご両親がけっこう前に北海道に移住しましたが、
オール電化にしたそうです。

どうも、電気代が月々4万円以上はかかっているようです。

うーん。高いですよね。

便利は便利なんでしょうが、ランニングコストとしては
ちょっと高めですね。

関東から移住する場合は、地元の生活を参考に
どうするかを考えたほうがよさそうですね。

>> 電気代の簡単な計算方法については、こちらでわかりやすく解説してます!

さいごに

札幌の冬の暖房にかかる光熱費についてご紹介しました。

最近は、定年退職後に北海道へ移住したいと考えている人が
多くなっていますよね。

私も弟夫婦宅へ行く度に住んでみたいなーって思います。

なんといっても北海道の大自然や、海産物が魅力的ですからね。

将来どうなるかわかりませんが、
電気代や光熱費は、ずっとかかりつづけるお金ですから
十分に検討しておかなきゃいけない項目ですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ