季夏の候とは?意味と使う時期はいつ?例文で使い方も解説!

今回は「季夏」の候を説明しますが、「季夏」って誤植ではないですよ。

夏季なら聞いたことあるって方、もっともですね。私もそう思いました。^^)

読み方は「きかのこう」です。

時候の挨拶をいろいろ調べていたら、だいぶ詳しくなってきましたよ。

夏がつくものもけっこうあるんですよね。

今回は、季夏の候について、意味や手紙で使う時の時期、具体的な例文までご紹介します。

スポンサードリンク

夏の末を意味します

季夏とは昔の暦の6月の異名で、夏の末の事を言います。

6月が夏って謎ですよね。
昔の6月はいまの7月~8月を指すのです。

季夏の候の意味は
「夏も終わりになってまいりました」
「もうすぐ秋ですね」です。

漢字の並び的には「夏の中盤」かと思いますが、
実際には末のことですので、間違えて解釈しないようにしましょう。

使える時期は8月

夏の末を指す「季夏の候」ですので、
夏の最後の月「8月」に使うのが正しいです。

実際に明確な期間があるわけではなく、
8月につく手紙でしたら使っても問題ありません。

しかし、到着が9月になりそうな場合には、
たとえ書いているのが8月半ばの場合でも別の時候の挨拶にするべきですので、
到着する時期を考えて書きましょう。

実際の使い方をご紹介!

実際に使うときは手紙の冒頭に使います。

末尾に使っても構いません。

今回は冒頭で使い場合の使用例をご紹介します。

例:季夏の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。

例:季夏の候、貴社いよいよご隆盛のことと存じ上げます。


ビジネスで使われる文章の場合は、相手個人だけでなく
会社全体を褒めるようにしましょう。

具体的に褒めると間違っていた場合に
取り返しの付かないことになりますので、
あえておおまかに褒めると良いです。

スポンサードリンク


友人に送る場合の挨拶文ですが、とても書きやすいので、いろいろとご紹介いします。

例:季夏の候、夏が終わりに近づいておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

例:季夏の候、最近涼しい日も時々ありますが、お元気でお過ごしでしょうか?

例:季夏の候、立秋を過ぎたというのにまだまだ暑いですね。


こういった相手を気遣う挨拶文がよく使われるものです。

実際の手紙を読むと今あげた例のような文章が多いと思います。

こちらの例はどちらかというと、
そこまで仲が良いわけではない相手に送る事が多いですね。


では次の例では、とても仲の良い間柄の方に送る場合の挨拶文のご紹介です。

例:季夏の候、秋とは名ばかりの暑い日が続いていますね、
  ○○さまはお元気でお過ごしでしょうか?

例:季夏の候、先日家族で近隣の河原でバーベキューをしました。
  暑い中ではありますが、外で食べるのもよいものですね。

例:季夏の候、家の庭にビニールプールを出しましたが、
  自分は入ることができないので子どもたちがとても羨ましいです。


仲の知れた相手に送る手紙には、
近況の報告を兼ねてこういう文章にすると良いです。

相手にも伝えやすいですし、何より「こちらは元気に過ごしております」
ということが他の文章よりも伝えやすいです。

せっかくの手紙ですから、相手の心配だけでなく、
自分達のことも一緒に報告する
と、送る相手も喜んでくれますよ。

さいごに

季夏の候を使って手紙を書こうとしている方向けに、
意味や使う時期、文例をご紹介しました。

夏に使える時候の挨拶はいろいろとありますから、
時候の挨拶一覧で確認してくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ