シックハウス症候群の症状とは?考えられる3つの原因

yonkoma_sh01
自宅にいるだけなのに、原因のわからない
体の不調を感じたりすることってありませんか?

風邪をひいたわけでもないので何だかだるい感じがする。
そんな原因のわからない体調不良の原因は
もしかしたらシックハウス症候群かもしれません。

今回は、シックハウス症候群について、詳しくご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

どんな病気なの?

シックハウス症候群という言葉を耳にしたことはあるけれど、
実際にどのような病気なのか詳しく知らない
という方は多いですよね。

このシックハウス症候群は、
室内の空気汚染が原因の健康障害を総称した名前です。

現在は住宅も高気密で高断熱化してきているので、
様々な新しい建材も用いられています。

それらの新建材と呼ばれる化学物質を含んでいる建材を
たくさん利用したことによって室内の空気が
化学物質に汚染されてしまって、そこに住んでいる人の
健康に悪影響を与えてしまう
ということもあります。

その症状は様々なので原因も一つということではありません。

発症のメカニズムもまだはっきりとは
わかっていない部分が多い
です。

・シックハウス症候群の原因は?

シックハウス症候群の原因はいくつも考えられます。
そのいくつかをご紹介しましょう。

まずひとつめは、上で書いた建材から発生する化学物質によるもの

二つ目は家具などから発生する化学物質

絨毯や家具からも化学物質が揮発していることがあります。

とくに接着剤や防虫剤などにはさまざまな化学物質が使われています。

三つめは換気不足

住宅の高気密性、高断熱化が進んで
換気対策が追い付いていないために
換気不足が原因の一つとなります。

ほかにもダニやカビ、日用品などさまざまな原因が考えられます。


ホルムアルデヒドって知ってる?


ホルムアルデヒドは常温で無職の刺激臭のある気体で、
水に溶ける性質があります。

これは、天然の乾燥シイタケやリンゴ、ナシといった果実、
アカマツやヒノキなどの木材にも含まれていますし、
たばこの煙やガソリンの排気ガスにも含まれています。

ホルムアルデヒドは殺菌や防虫、防腐剤などにも
広く利用されていて、塗料や接着剤にも利用されているものです


このホルムアルデヒドもシックハウス症候群の原因になっています。

このようなシックハウス症候群を予防するには
どうしたらよいかというと、出来るだけ自宅は
窓を開けて換気をするように心がける
事です。

yonkoma_sh02
さらに、最近はさまざまな芳香剤なども
多く販売されていますが、小さいお子さんがいたり
化学物質に敏感な方は使わないで、
できるだけ自然の物を利用するようにすると良いでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ