幼稚園と保育園の違いは?子供はどっちを卒園しとくべき?

現在は、仕事をしているお母さんも多いので
子供ができたら保育園に通わせて仕事を続けるか、
仕事を辞めて幼稚園に通わせるか、
幼稚園に通わせてもできる仕事にするかと
悩んでしまう方も多いでしょう。

では、幼稚園と保育園では、どんなことが違うのでしょうか?

また、幼稚園に通った場合と、保育園に通った場合、
小学生になった時にどんな違いがみられるのでしょうか?

今回は幼稚園と保育園の気になる違いについてご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

そもそも設立の目的が違います


幼稚園と保育園って、まずは設立の目的自体に
違いがあるって知っていましたか


幼稚園は、幼児の心身の発達を助長することを
目的にしている
のに対して、

保育園は日々保護者の委託を受けて保育にかける
乳幼児を保育することを目的にしている
んですって。

ということは、簡単に言えば幼稚園は子供の発育にあわせた
学びの場であるのに対して、

保育園は親御さんに代わって子供を保育するっていうことなんですね。

また、皆さんが知っている通り、保育園は一歳前の子供から
入所することができますが、
幼稚園は3歳児保育からスタートするところが多いですね。

保育園に通った場合と、幼稚園に通った場合の違い


ご両親が不安になるのは、
保育園に通った場合と幼稚園に通った場合では、
小学校に入学した時にどんな違いがあるかということですよね。

もともと保育園と幼稚園では設立の目的に違いがあるわけですから、
小学校に入学した時に多少の違いが出てくることは仕方がないことです。

とくに小学校をお受験する子も多く通う幼稚園の場合には、
しつけや学習の面でもかなりしっかりと取り組んでいますから、
小学校に入学した時にひらがなは書けるようになっていたり、
絵本を読めるようになっていたりします。

それにくらべて保育園は昼間、親御さんに代わって保育することを
目的としていますから、読み書きを教えたりすることは多くないようです。

このような違いから小学校入学当初は保育園卒のお子さんと
幼稚園卒のお子さんでは違いがみられることが多くあるようですね。

大事なのは両親の関わり方


でも、大丈夫!!
保育園にお子さんを入園させることになる親御さんも心配してはいけません。

小学校入学当初は、読み書きなどの能力に違いが多少あっても、
小学校では一から教えてくれますからすぐに同じレベルになります。

それに大事なのは幼稚園や保育園時代に
どのように両親が子どもとかかわるかなんですよ。

保育園に通っていても、休みの日に親御さんがひらがなを
教えてあげたり、たくさん読み聞かせをしてあげたり、
いろいろな体験をさせてあげれば、
保育園でも幼稚園でも小学校に入った時にたのしく
学習をスタートできますから、安心してください。

さいごに

いろいろなママの話を聞くと、
幼稚園に通わせていた方は幼稚園の良さを、
保育園に通わせていた方は保育園の良さを
それぞれ主張します。

だいたいが親の状況に合わせて、どちらに通うかを決めているわけで、
あまり気にしすぎてもしかたないですね。

子供の成長には、家庭での接し方のほうが大きく影響しますからね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ