二十四節気の2018年の具体的な日付は?

以前「二十四節気」についてご紹介しましたが、
その時も書いたように、実は年によって日付が微妙に変わるんですよね。

【以前の記事】二十四節気とは?2015年の日付と読み方をカレンダー順に説明

記事を書いたのは2015年なので、あれから3年経ちました。

大きく変わるものではないのでと考えもしましたが、
いままさに手紙を書こうって方には、正確な日付が必要ですよね。

というわけで、今回は「二十四節気」の「2018年」の具体的日付
カレンダー順にご紹介します。

時候の挨拶の使う時期の説明で、二十四節気が登場しますので、
参考にしてください。

スポンサードリンク

2018年の具体的な日付

二十四節気を簡単におさらいすると、
「太陰太陽暦(いわゆる旧暦)で、季節をあらわすために用いた言葉」になります。

1年を24に分けて表現しています。

さっそくですが、2018年の日付です。

二十四節気 読み方 2018年の日付は?
小寒 しょうかん 1月5日(金)
大寒 だいかん 1月20日(土)
立春 りっしゅん 2月4日(日)
雨水 うすい 2月19日(月)
啓蟄 けいちつ 3月6日(火)
春分 しゅんぶん 3月21日(水)
清明 せいめい 4月5日(木)
穀雨 こくう 4月20日(金)
立夏 りっか 5月5日(土)
小満 しょうまん 5月21日(月)
芒種 ぼうしゅ 6月6日(水)
夏至 げし 6月21日(木)
小暑 しょうしょ 7月7日(土)
大暑 たいしょ 7月23日(月)
立秋 りっしゅう 8月7日(火)
処暑 しょしょ 8月23日(木)
白露 はくろ 9月8日(土)
秋分 しゅうぶん 9月23日(日)
寒露 かんろ 10月8日(月)
霜降 そうこう 10月23日(火)
立冬 りっとう 11月7日(水)
小雪 しょうせつ 11月22日(木)
大雪 たいせつ 12月7日(金)
冬至 とうじ 12月22日(土)
2015年の時もそうでしたが、やっぱりピンとくるものと、こないものとありますね。

旧暦の考え方ですから、登場する機会はそんなにあるわけではないのですが、
手紙を書こうとすると意外と重宝しますので、ぜひ参考にしてください。

さいごに

今回は二十四節気の2018年の具体的な日付を
カレンダー順にご紹介しました。

微妙に変わっていますが、大きくは変更ないですね。

こうした古きものの名残を使うのも、悪いものではないなと思います。

24個だからといって、覚える必要はないと思いますので、
必要になった時にぜひ見返してみてくださいね。

2019年以降は、ちょっと表現の仕方を工夫しようと思います。
並べて表にすると、見やすいかもしれませんね。

(二十四節気について、詳しい内容は以前の記事にまとめていますので、
 そちらも確認してみてください。)

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ