初めての登山におすすめの靴は?選び方のポイントはココ!

ハイキング程度の山歩きから、少し距離も時間も体力も必要な
高低差のある山登りにも挑戦してみようかなと思うと、
やはり今までは歩きやすいスニーカーなどを
履いていた方も本格的な登山靴が気になってきますね


実は足にぴったりフィットして底が厚い
トレッキングシューズや登山靴は、
足に馴染んでくると楽で疲れにくいですし
、安全度も上がりますので、ハイキングはもちろんのこと
街中でもお薦め。

デザインも増えて選びやすくなってきましたので、
普段も手放せなくなったという方が
たくさんいらっしゃるようです。

そんな方のための登山靴の選び方、お薦めの登山靴をご紹介します!

スポンサードリンク

登山専門店で選ぼう


デザインやブランドよりも、
履きやすく自分の足に合うことがとても重要なのが登山靴です。

足の裏には背負っている荷物の分、
体重がかかるのでいつもより痛くなりやすいですし、
滑りやすい道やごつごつした道、薮の中やぬかるみの中など
様々な条件の道を怪我なく快適に歩くために工夫されています。

まずは山登りの専門店(モンベル、ICI、好日山荘など)で
店員に登りたい山や登る予定の季節、求めるデザイン性や
予算を伝えて相談してみましょう


店員が薦めてくれるものを店内の試し履き用の
スロープで履いてみて、どこか当たって痛いようでしたら
率直に伝えて納得のいくものを選んで下さい。

登山靴を履く場合は、登山用の厚手の靴下を着用しますので
普段のサイズより一回り大きめのものがフィットすると思います。

選ぶ時にポイントとなること


■ソール(アウトソール)の固さ

靴底(アウトソール)が固い靴は、
でこぼこの道を歩くとき足の裏の全面で捕らえることが
できるので疲れにくくなります。

けれどもアウトソールが固すぎる登山靴は、
平坦な道や緩い登りの道では足の裏を曲げることが
出来ないので歩きづらくなります。

荷物も軽く比較的緩やかな登山がメインの方は
柔らかめのアウトソールを、テント泊や急登の多い山を
予定している人は固めのソールがいいでしょう


ハイカット・ミドルカット・ローカット

登山靴は足首の高さでこの3タイプに分かれます。

ローカットはスニーカーの様に足首が浅めで
自由に動かすことができるので歩きやすく

平坦な道には向いているのですが、
でこぼこの登山道ではバランスを崩しやすく、
下山の時には足首に負担がかかります。

ハイカットは足首部分が高く、足のくるぶしまでカバーして
足首を固定
します。

そのため足首の自由度は減り歩きにくくなるのですが、
体重が足の裏全体にかかって下りでの足首の負担が減るので、
ローカットの靴と比べかなり楽に下ることができますし、
足首の捻挫や骨折などをしにくくなるという特徴もあります。

ミドルカットの靴は丁度その中間で両方の良い点を
適度に持っています


さほど上り下りの激しくない登山であればミドルカットは便利でしょう。

靴本体(アッパー)の素材

登山靴には革素材とナイロンなどの化学繊維の素材の
どちらかが主に使われています。

防水性を考えるなら革、通気性等の使い勝手ならナイロン素材が
優れています。

初心者ならナイロン素材のほうが扱いやすいかもしれません。

ただし防水性が低いので、できれば防水性とムレ防止に
優れたゴアテックスを採用した登山靴を選びましょう。

お薦めのトレッキングシューズ


ハイキング・トレッキングシューズから本格的な
重登山靴まで、価格にすれば1万円弱から
10万円を超えるものまでありますが、

初心者の方にはトレッキングシューズと呼ばれるものから、
軽登山向け登山靴をお薦めします。([]はメーカーです。)

[CARAVAN] C-1 02

50年の歴史を誇る、日本人によって産み出された
日本人のための登山靴


登山初心者向けに設計されたモデルC-1から、
カラフルなスエードレザーを使い防水性も高い
GK72まで様々なシーンを想定した登山靴が揃っています。

C-1シリーズは足首部分はアキレス腱の辺りだけを
浅めにカットしてある足首をホールドしつつも、
歩きやすさも大切にしていて、幅広であることも特徴的です。

[KEEN] PYRENEES

KEENは米国オレゴン州ポートランドで生まれた
フットウェアブランド


この靴は、長時間のトレッキングや低登山にも対応する
機能を備えています。

スペアシューレース付属。

丸みがあってかわいいデザインなので、
登山のみでなく普段履きに購入する人も多い一足です。

[モンベル]mont-bell GORE-TEX Tioga

ミドルカットでキャンプやハイキングなどの
普段のアウトドアシーンから、山歩きまで軽くて履きやすい靴。

防水性も高いので、真冬以外なら3シーズン、
どんな天気でも心地よく歩き回れる一足です。

[SIRIO] P.F.421-GTX 421

イタリア製。

日本人向けのベーシックモデル

ゴアテックスファブリクスを内蔵していて、防水性に優れています。

日帰りハイキングから小屋泊夏山山行まで
オールラウンドにこなせる人気モデル
です。

[メレル] CHAMELEON Ⅴ STORM GORE-TEX(カメレオン 5 ストーム ゴアテックス)

アウトドアブランドMERRILLの中でも定評があるカメレオンシリーズ。

多機能で様々なシーンに対応する靴ですが、
なんといってもメリルの代名詞であるエアクッションミッドソールが
足にピタッとくるフィット感を実現させています

シリーズで5種類展開していますので、
目的としている登山のシーンに応じて、試し履きしてみて下さい。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ