台風の進路にはどういう傾向があるのか?地球の自転の影響?

今年はすでに10個以上の台風が発生しています。

その台風のうち、複数個が日本に上陸したり接近したりしました。

日本に向かってこない台風もあるので、10個というと
ぴんとこなかったりしますが、
これからもまだまだ台風の発生が予想されますので、
注意が必要です。

台風が接近、上陸することで多くの被害が出てしまう日本。

どうして、台風は日本に向かってくるのか、
台風の進路の傾向について御紹介します。

スポンサードリンク

どのように発生するのか?


台風は、一年中暑い熱帯地方である
北緯5度~20度くらいの海上で発生することが多いです。

この周辺の海が他の場所に比べ、海水温が高く雲が多いので
台風が渦を巻く力があるというわけです。

台風は回転しながら移動する巨大な空気の渦巻きと
考えればよいでしょう。

その下層では反時計回りに中心に向かって
空気が吹き込みながら上昇して、
上層では時計回りに噴出しているということです。

なぜ日本に向かってくるの?

ではなぜ、台風は日本に向かってくるのでしょうか?

ひとつは「気圧配置」と「偏西風」の影響です。

台風が立て続けにいくつも発生した時には、
東アジア地域の気圧配置が同じような事が多く、
偏西風の吹いている緯度が同じくらいだと
台風はよく似たコースをたどることになります。

日本周辺の気圧配置や偏西風の吹いている
緯度を見てみると、季節ごとに傾向があります。

それにあわせて台風も基本的には月ごとに
同じような進路をたどる傾向があります。

もうひとつは「地球の自転」の影響です

ご存知の通り、地球は回転してます。

この自転は北極を上に見た場合には北半球では右方向に
回転
しています。

この影響で、北半球では出来た場所からそのまま
北極方向にまっすぐ進み、途中右方向に曲げられ、
日本列島にやってくるのです。

もちろん他にも周囲の気圧や気温、
風といったさまざまな要因によっても
台風の進路に変化が出来てきます


さいごに

以上、台風の進路の傾向についてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

なんとなくなるほどってくらいの理解の方が多いかと思います。

地球の自転で慣性の力が働いているっていうのは
言われるとなんとなくそうなのかな?って思いますよね。

台風が発生するとニュースで進路予測を発表しますので、
注意深く見るようにしてくださいね。

今年も日本に上陸するような台風の発生が予想されますので、
少しでも被害が少なくなるよう、対応したいところですね。

【関連記事】
台風って何号まであるの?発生数と接近数で一番多かったのは?

ディズニーランドは台風の時は閉園になるの?

雨の日に子供とお出かけするなら、はまぎんこども宇宙科学館!

台風の時にお出かけしたら散々な目にあった私の体験記

台風19号の進路は?大雨暴風警報で学校が休みだが、基準は?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ