立秋の候とはいつ?時期と意味は?手紙で使う場合の例文を紹介!

季節をあわらす言葉で「立」というと、はじまりを意味します。

つまり立秋は秋のはじまりですね。

みなさんはいつくらいの時期を想像しますか?

手紙の時候の挨拶で使うなら、時期を間違うわけにはいきませんよね。

季節の言葉は、旧暦での考え方でつけられている場合があるので、
意外に自分のイメージと違っていることがよくあります。

今回は、「立秋の候」の意味と時期、使い方の例文をご紹介します。

意味がわかれば、使いどころがわかります!

立秋とは二十四節気の一つのことで、秋が始まる日の事を言います。

>> 二十四節気についての詳しい説明はこちら!

太陽の黄経が135°に達した日から、処暑の日までが立秋の期間としていましたが、
現在はその約20日間の一日目のことを立秋と読んでいます。

・・・まあ太陽がどうのはわかりづらいですから、
具体的な日付を覚えてしまいましょう!

カレンダーにも立秋の日が書かれており、確認しやすいです。

ちなみに2015年は8月8日(土)になります。

時候の挨拶としての意味は「秋になりましたね」といったところです。。

使う時期は2015年なら8月8日

まず立秋はその年によって変わります。

8月7日か8月8日、2015年は8月8日です。

また、夏至と秋分の間の、秋を感じる頃ともいわれています。

それを踏まえて、使える時期は8月7日頃から8月22日頃までとなります。

この8月22日頃を過ぎると、残暑見舞いに変わりますので注意しましょう。

スポンサードリンク


送る相手別の使用例

送る相手別に使用例をご紹介します。

まずビジネスでの使い方ですが、

例:立秋の候、貴社ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

例:立秋の候、貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

ビジネスで使われる時候の挨拶では、自分のことは書かず、
相手の会社や個人のことを褒めます。

どのビジネスでも使えるものですので、是非参考にしてください。


では次に、親しい友人に送る場合の使い方です。

親しい友人に送る場合はビジネスとは違い、
相手も気遣いつつ自分の近況報告をするものが多いです。

例:立秋の候、秋の気配を感じる季節となりましたね、いかがお過ごしですか?

例:立秋の候、暦上秋になったとはいえ、まだ暑い日が続いていますね。○○様はお元気でお過ごしですか?



こういう王道の挨拶もありますし、少し変えたものもあります。

例:立秋の候、もうすぐ○○様の好きな焼き芋の時期になりますね、楽しみにお過ごしですか?

例:立秋の候、まだまだ暑いですが、もう少し待つと良い紅葉の時期になりますね、
  今年もご一緒に紅葉狩りへ行きませんか?


このように、季節の行事を入れることで、相手も季節を感じやすくなります。

使う時期が8月なので、まだ暑い頃ですし、使いにくいと思われそうですが、
実際はそんなことありませんので、是非参考にしていただければと思います。

さいごに

立秋の候について、意味と時期、例文をご紹介しました。

秋?夏じゃん・・って印象を持った方も多いと思います。

二十四節気のひとつになるので、別記事でまとめている内容を確認してもらうと、
時候の挨拶の理解が深まると思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ