深秋の候の時期は11月のいつからいつまで?意味と読み方を例文でご紹介!

10月も中旬を過ぎるとだんだん肌寒くなってきますよね。

秋に使う時候の挨拶はいろいろありますが、

今回は「深秋の候」についてご紹介します。

読み方は「しんしゅうのこう」になります。

秋が深いって書くところから時期が想像できますね。

では、さっそく詳しく確認していきましょう。

スポンサードリンク

「しんしゅう」とはどういう意味?


深まる秋と書きますから、秋が深まってきましたねといった意味になります。

深まってきたと感じる基準は人それぞれですが、

例年なら少し肌寒い日が続いた頃でしょうか。

ここらへんのチョイスは、書くひとの好みでかまいません。

手紙に使うなら何月?


深秋の候を手紙に使うなら、時期は11月上旬頃が良いです。

具体的な日付を指す言葉ではないので、いつからいつまでということはないのですが、

さらに寒さが増すようでしたら、別の時候の挨拶を使ったほうがよさそうです。

一覧で探してみてくださいね。

手紙での具体的な例文

では例文を見ていきたいと思います。


深秋の候、今年はいつもの年よりも冷え込む秋になりました。

 ⇒いつもの年よりも寒い日が続いているなと感じたらこの表現です。

  寒い日と感じる基準も人それぞれなので、

  手紙を送る相手が寒がりか?等も多少考慮しましょう。


深秋の候、ここ数日は心地よい秋晴れが続いていますね。

 ⇒秋は雨が多いですが、晴れの日が続くと心地良いですよね。

  もしそうした状況なら、使ってみてください。
  

続いて結びの表現ですが、

寒さが身にしみる頃、皆様のご健康をお祈りいたします。

 ⇒「ご健康を」というのは、鉄板表現です。

  手紙を出そうって相手ですから、やっぱり健康を祈りますよね。


朝夕の冷え込みで哀調を崩されませぬよう、ご自愛ください。

 ⇒こちらも、体調を気遣う表現です。

  ご自愛という表現も手紙でよく使う表現です。

スポンサードリンク

秋といえば・・少しくだけた表現

ちょっとアレンジを加えると以下挨拶なんてどうでしょうか?

深秋の候、駅前で石焼き芋の屋台を見かけ、ついひとつ買ってしまいました。

 ⇒食べ物を絡めても良いですね。

  秋といえば焼き芋がおいしいですよね

  ちょっとしたエピソードを挨拶に添えるのも良いですね。

さいごに

今回は数ある秋の時候の挨拶の中から「深秋の候」をご紹介しました。

11月頃だと冬に近づく秋なので、寒さによっては、挨拶選びにも迷うところです。

候補はいろいろありますから、自分の感性に合うものを選んでみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ