ハロウィンの手作り仮装「巨大かぼちゃマスク」の簡単な作り方!

「どうせならダンボールの手作りでかぼちゃのマスク作ろうか?」

子どものハロウィンパーティーの話をしたところ夫が言い出しました。

手先が器用なのは知ってましたが、まあ反対する理由もないので
任せてみると、結構すごいのが出来ました。

夫いわく「簡単」らしいですが、私には作れそうにもありません

ハロウィンパーティーでも好評だったので、

今回はダンボールで作った、手作りジャック・オー・ランタン
の巨大マスク
をご紹介しますね。

スポンサードリンク

第1作品:最初は頭にかぶる帽子タイプ

最初は帽子タイプのかわいいものでした。

↓頭にかぶるタイプです。
kabo04
これが子どもの頭にぴったりなので、
結構気に入ってかぶってましたよ。

ダンボールで苦労するのは色塗り・・らしいです。

今回は色紙を貼り付けることで、色をつけてます。

すこしたわんでいるところ等は手作り感があってよいかと思います

第2作品:頭にすっぽりかぶる巨大かぼちゃマスク

最初のかぼちゃ帽子に気をよくした夫は、
「どうせなら、頭からすっぽりかぶるやつのがいいよな?」

と言い出しました。

「う・うん・・」

どんなものか想像もつかなかったのですが、
とりあえず返事をしてから、数日後・・・

またもやすごいの出来ました。

頭からすっぽりかぶる、手作りジャック・オー・ランタン
のかぶりものはこちらです。
kabo03

中は頭を収める筒が付けてあって、ちゃんとかぶって
手が離せるようになってます


ちょっとはずかしいのか、最初かぶるのに抵抗を見せていた
うちの子も最後はうれしそうにかぶってました

もちろんこれでハロウィンパーティにも行きましたよ。

最後、パーティに来ていた、全然知らない人から
「ちょっとお借りしてもいいですか」と

自分の孫にかぶせて記念撮影をする方も出るほど好評でした

第3作品:進む巨大化!

どうやら、子と一緒に自分もかぶって見たかったらしく、
さらに巨大なかぼちゃマスクを作り出しました

素材はあいからわらず「ダンボール」です。

今回も色付けは色付きの紙を貼り付けてます。

こう見ると第2作品が一番完成度が高いでしょうか?

kabo06
ちなみに私がかぶってます。

巨大な分だけ、若干安定感が・・・

口の部分からまわりはよく見えます

第4作品:さらに「巨大な剣」も作成

マスクだけではあきたらず、巨大な剣を作成しだしました。

イメージは漫画ブリーチの主人公、黒崎一護が使う剣・・だそうです。

kabo02
なんか、ジャック・オー・ランタンらしい凶悪さが出てるのでは?

そして戦いへ!

そして、人目もはばからず無益な戦闘が始まりました。

子どもの持っている剣は、幼稚園のバザーで入手した手作り剣です。

男の人は、こういうの好きですね。

kabo05
この戦いはしばらく続きました。

もちろんねをあげるのは夫のほうです

子どもの体力は無限です。

作り方

私が作った訳ではないのですが、夫から聞いた作り方を載せますね。

<<巨大かぼちゃマスクの作り方>>

1.ダンボールを用意する(買う必要はない、家にあるものがあればそれを使う)

2.ダンボールにどこを切るかを書き込む

  夫:「ほらほら、学校で地球の展開図みたいなの習ったじゃん、あんな感じ
  私:「・・・」

3.ダンボールを切る

  ダンボール専用のカッターがあると便利だけど、普通のカッターとはさみでも十分!

4.組み立てる

  接着はガムテープを使う
  
5.色付け

  色紙を事前にはっとけば便利
  
夫:「やっぱり色づけが大変だねえ。ダンボールは

以上

夫:「な?簡単だろ?

私:「・・・わかるかー!

すみません。みなさんにも解りづらいと思います。

夫が時間のある時にあらためて文字にしてもらう予定です。

その時までお待ちください。

さいごに

ハロウィン・パーティに行こうと思うと悩むのが仮装ですよね。

今回は手作り巨大かぼちゃマスクをご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

こういうの得意な人っていますから、誰しも作れるものではないかもしれませんが、
手作りっていうのはいいですよね

ここまでこらなくても、ちょっとした、マントとかなら作れますよね

手作りだと子どもも喜びます。

ぜひ手作り衣装に挑戦してみてくださいね。

今回のマスクの作り方に興味のある方は、コメントいただければ幸いです。

ご要望が多ければ、詳しい作り方をアップします。


今回の記事には話の続きがありますので、良かったらどうぞ!
 わくわく福祉フェアにジャック・オー・ランタンのマスク男現る!

スポンサードリンク

“ハロウィンの手作り仮装「巨大かぼちゃマスク」の簡単な作り方!” への14件のフィードバック

  1. 望月康平 より:

    はじめまして、東京福祉専門学校、精神保健福祉士一般養成科
    の望月康平と申します。


    ジャック・オー・ランタンのかぶりものの作り方について拝見させていただきました。


    今月10月26日に、学校で「わくわく福祉フェア」という学園祭をやります。


    その中で、障害者の方と一緒にカレーやハヤシライスを売るブースを担当で
    ハロウィンの仮装をするのですが、
    その中でジャック・オー・ランタンのかぶりものを作りたいと思っています。

    投稿していただいたものと同じようにダンボール、もしくは厚紙などで作り、
    口の部分から視界がでるようにしたいと思っています。

    そこで、
    ①素材はダンボールか厚紙が良いか
    ②ダンボール(もしくは厚紙)の大きさと用意する量はどのくらいか
    ③下書きはどこに切り取り線をいれるか
    ④写真のようにダンボール(もしくは厚紙)に丸みをつけるにはどうすればよいか
    ⑤天辺でうまくダンボール(厚紙)をつなげるにはどうすればよいか
    ⑤色塗りはオレンジの色紙でよいか(スプレーやペンキなどはどうか)


    についてお聞きしたいと思っています。

    また、作成にあたりその他注意点やアドバイスがあればお願いします。


    お忙しいところ、お手数をおかけしますがよろしくお願いします。

    • takahashi より:

      コメントありがとうございます。
      記事中のかぶりものを作成しました高橋と申します。

      さっそくですが、いただいたご質問に回答していきたいと思います。


      ①素材はダンボールか厚紙が良いか

      個人的にはダンボールをおすすめします。
      厚紙だとかぶりものとしては強度に欠けるからです。

      もちろん、使う厚紙の強度にもよりますが。
      厚紙には加工がしやすいというメリットもあるので、それぞれ長短を天秤にかけてみてください。


      ②ダンボール(もしくは厚紙)の大きさと用意する量はどのくらいか

      実際、記事中で作ったかぶりものは、一般的な大きさ(引越しとかで最もよく使う大きさ)のダンボール1つ分で作成しています。


      ③下書きはどこに切り取り線をいれるか

      ダンボールに直接、えんぴつ等で描けばよいかと思います。(実際そうしました)


      ④写真のようにダンボール(もしくは厚紙)に丸みをつけるにはどうすればよいか

      まずは、球体の作り方を理解する必要があります。

      地球儀の展開図を思い浮かべてください。
      平面に書くと、ぎざぎざした形のやつです。

      「地球儀 展開図」で検索してみてください、検索結果に画像が表示されると思います。

      あれを、ダンボールに書くわけです。

      下書きが完成すれば、あとは切って組み立てれば良いです。

      今回作るのは、マスクなので、下の部分はとんがっている必要はありません。

      今回のかぶりものはこの設計図が描けるかがポイントですね。

      ネットで探すと、小さなものならダウンロードできるので、まずは小さなものから組み立ててみるとイメージができるかと思います。


      ⑤天辺でうまくダンボール(厚紙)をつなげるにはどうすればよいか

      展開図の下書き次第です。設計図がしっかりしていると、組み立てるとちゃんとつながります。

      ただし、多少はみ出しても組み立てるときに削っても問題ないと思います。


      ⑤色塗りはオレンジの色紙でよいか(スプレーやペンキなどはどうか)

      いろいろ試して一番良いと思ったのは、オレンジ色の紙のシールですね。色紙は貼るのが結構大変です。
      記事中の息子がかぶっているやつは、フェルト素材のシールを貼ってます。

      スプレーやペンキ等は、試したことはありませんが、かぶるものなので、安全性の面からいまいちかなと考えました。
      十分に乾燥させて、においが消えるくらい置いておけば良いかと思いますが。


      文章だけでは、なかなか伝わらないかもしれませんね。

      時間を見つけて、画像などで説明するような記事も作成したいとは思います。

      もしわからないところがあれば、追加でご質問ください。

  2. 望月 康平 より:

    返信ありがとうございます、望月です。

    早速、「地球儀、展開図」で検索してみました。
    丸いものはこのように作るんですね。

    記述していただいたように、まずはネットでダウンロードして
    小さなものから組み立てていきたいと思います。

    今後ともよろしくお願いします。

    • takahashi より:

      >> 小さなものから

      そうですね。小さいものから、ぜひともお試しください。

      わたしも最初小さい帽子タイプのものを作ってみましたので。

      作っていると疑問が出るだろうことをひとつ先に回答しますと、
      ギザギザの面が多いほど、球体に近づきますが、今回目指すかぶりものは、6面~8面あれば十分だと思います。

      また何か疑問点などありましたら、お気軽に書き込んでください。

      • 望月 康平 より:

        望月です。

        昨日早速ダウンロードしてカラーコピーで印刷した模型を作りました。

        結構良いものができたのですが
        実際段ボールで作るとなると紙のようにカーブはできないので
        今度は小さな段ボールで作ってみようと思っています。(笑)

        また、アドバイスありがとうございます。
        とりあえず8面でやってみようと思っています。

        引き続きよろしくお願いします。

        • takahashi より:

          素敵なかぶりものができるといいですね!

          また疑問点等あれば、言ってくださいね。

  3. 望月 康平 より:

    お世話になっています、望月です。
    今、段ボールの小さな模型を製作中です。笑

    教えていただいたように、オレンジのフェルトのシールで
    製作してみようと思っていますが
    計算してみたところ、1平方メートルくらいの量が必要だと思いまして、
    近くにそのようにフェルトのシールを
    大量に売っている手芸店がありませんでした(泣)

    そこでどのようにして高橋さんはフェルトのシールを入手したのか
    その経路を聞きたいと思っています。

    また製作過程の段ボールの組み立てにおいて
    段ボール同士つなげるところはガムテープでよろしいでしょうか?

    またかぶりものの、「中は頭を収める筒が付けてあって」
    と記述してありましたが、その筒は購入したものか
    (購入だとしたらどこか)
    それとも段ボールで作ったものなのか念のため
    聞いておきたいです。

    以上、3点についてお手数ですがお聞きしたいです。

    • takahashi より:

      がんばってますね。^^)

      質問の件、回答します。

      >>フェルトのシール
      昨年作成した時は、100均で売ってました。今売ってるかは不明です。

      ネットでも「フェルト シール」と検索すると、楽天とかでも売っているので、探してみてください。
      ただし、あまり小さいやつだとコストがかかるので、
      コストに見合うやつがない場合は、画用紙を検討したほうがいいかもしれませんね。
      まずは、「フェルト シール」で検索してみてください。

      >>段ボール同士つなげるところ
      ガムテープでつなげてました。

      >>中は頭を収める筒
      筒は、ダンボールを筒状にしたものを、中にガムテープでとめました。
      どうやってとめてたかというと、
      筒状にしてから、縦に切り込みを入れて、たこさんウインナーみたいにして
      たこさんウインナーの足部分をガムテープで固定するようにしてました。

      以上、がんばってくださいね。

  4. 望月 康平 より:

    どうも、お世話になっています、望月です。

    まだミニの模型の製作中です。笑
    どうしても八角形の柱みたくなってしまいまして、
    どうしたらかぼちゃ型になるか思案中です。

    100均で売っていたんですね。^^
    調べてみます。

    「フェルト シール」で検索してみました。
    楽天で売っているようですね。
    100均で、もしなかったら通販で購入しようかと思っています。

    ガムテープと筒の件、ありがとうございます。

    引き続き、製作にとりかかります。

  5. 望月 康平 より:

    どうも、お世話になっています、望月です。

    昨日小さな模型ができあがりまして、みんなに見せたら
    とても好評でした。^^

    人手も集まりそうなのでなんとか製作に取り掛かれそうです。

    製作にあたりちょっと気になったことで
    ひとつご質問があるのですが、
    目の位置について、
    ジャックオーランタンの目の部分から
    視界がでるようにすることは可能でしょうか?

    当初、高橋さんがおつくりいただいたように
    ジャックオーランタンの口の部分から
    視界が出るように口を大きくして、
    結果かぶりもの全体としても大きくなる予定でしたが、
    当日かぶる予定のコスプレ班が女性が多く、
    より多くの人がかぶれるように視界の位置をずらして
    全体として多少コンパクトにできるとよりいいなと思っています。

    ただ、校内や外を歩いて宣伝してもらおうと思っているので
    視界の位置をずらして狭くなることによる安全面の変化など、
    かぶりものをかぶったことがある人の意見を聞きたいと思いました。

    突然で恐縮な質問ですが
    よろしくお願いします。

    • takahashi より:

      お疲れ様です。

      模型ができたんですか、すごいですね!順調に進めてますね ^^)

      >> 目の部分から視界がでるようにすることは可能でしょうか?
      可能かどうかでいうともちろん可能なのですが、
      心配されている通り、おそらく相当視界が悪くなると思います。

      かぶりものは、目からかぶりものまでの距離があるのが視界を悪くする一要因なので、覗き穴は大きいにこしたことはありません。

      もちろんどれくらいの大きさにするかにもよりますが、あまり大きくしても形がくずれますし、目の穴の位置に目があるというのは、それなら普通の布とかのかぶりものでいいわけで、個人的にはかぶりものらしさがないかなと。

      口であれば、ある程度大きくしてもジャックオーランタンの体裁を保てます。

      おすすめは第2作品くらいの大きさです。
      息子がかぶってますが、大人でもかぶれます。

      ある程度大きいほうが、いろいろな人がかぶるのには向きます。

      いろいろ書きましたが、どこから視界を確保したほうが良いかという質問に対しては、口からがよいかと思います。
      帽子に顔を覆う部分がついているといったイメージです。

      もちろん個人的な意見なので、安全面重視で検討してみてください。

  6. 望月 康平 より:

    望月です。
    率直なご意見ありがとうございます。

    おっしゃるとおり、目からかぶりものの距離が
    ある程度予想されるのと、安全面の配慮から口から
    視界がでるもので作ってみようと思います。

    自分の意向としても、やはりせっかくなら大きいもので
    びっくりさせたいと思いました笑


    これから設計図に取り掛かります。

    貴重なご意見、ありがとうございました。

  7. takahashi より:

    がんばってくださいね。完成を楽しみしてます!

    また何かご不明な点あれば書き込んでください。

  8. 望月 康平 より:

    どうも、望月です。

    先日、学園祭で、無事
    ジャック・オー・ランタンのかぶりものを披露できました。

    かぶりものは前々日にほぼ完成し
    ポンチョも前日に作り、周りの人たちからは「クオリティ高くね?笑」
    と言われました。
    障害者の施設の人たちにも誉めていただきました。

    かぶりもの完成したものと全体で撮った写真を画像で
    送りたいと思うのですが、高橋さんのメールアドレスを教えていただきたいと思っています。
    自分のメールアドレスに高橋さんのメールアドレスを送ってくだされば
    大丈夫かと思います。

    よろしくお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ