雪かき用アルミ製スコップのおすすめは?プラスチックとの比較!

去年まではプラスチック使っていたけれど、何だか満足できなかったなぁ・・・

もっと強いものがいいのかもしれないなぁ・・・と悩んでいる方へ、

プラスチック製とアルミ製では、それぞれにメリットデメリットがあります

一概にどっちとは言えませんが、
今回はアルミ製スコップに注目して、おすすめの人気商品等をご紹介します。

雪国住まいの友人の体験談を交えながらご紹介していきますので、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

プラスチック製とアルミ製どっちがいいの?

これは、好みと現場の状態ですね。

プラスチックは軽量で、軽々と雪かきは出来ますが、
硬い氷混じりのものになると、壊れたりしちゃます

実際、除雪車が大きな塊を大量に玄関前に置いていくのですが、
時には厚みのある氷状態ものものも普通に置いて行ってしまいますので、
塊を小さくして運ぼうと、プラスチック製のスコップでカンカンしたところで、
なかなか歯が立たないという訳です。

そこで頼りになるのがアルミ製スコップです。

関東や関西住まいで、年に一度雪が積もるか積もらないか?
っていう地域ならプラスチックで十分です。

ただし、プラスチック製は雪かきにしか使えません

ここがけっこうポイントですね。

雪かき用のスコップとしては、お手軽ですが、
冬が過ぎれば、しまっておくのみですが、アルミ製なら他の用途にも使えます。

詳しくは追って説明しますね。

アルミ製スコップといえば?

人気のおすすめアルミ製スコップをご紹介します。

浅香工業のアルミスコップです。

スコップを探していると、絶対目にする企業です。

日本で初めてスコップの国産化を成功させた
由緒正しき企業ですから、ちょっと覚えておいてください。

価格は雪かき用と名がつくもので、1,000円代後半といった値段ですね。

スポンサードリンク


おススメポイントと使った感想

大体のものは柄の部分が木製だったりします。

アルミなので軽くてプラスチックより多少硬い所をお任せできる
という点がおススメポイントです。

プラスチックに比べると硬い場所に対してはかなり攻めることが出来るものでした。

ただ、短いものが多いのが現状です。

プラスチック製とアルミ製両方あれば、使い勝手も良くなり、
作業もはかどること間違いないと思います。

私が使ってみた感想なのですが、長い時間アルミだけでは辛かった・・・

短いので、長いものに比べると屈む角度が深くなるので、疲れてしまいました。

注意しなくてはならないのは、アルミなので、ある程度は攻めることも出来るのですが、
あまり無理に負荷をかけ過ぎると変形してしまう点に注意です。

勢い余って雪を通り越して、ゴツゴツしたアスファルトまで突き刺さると、
スコップの先の部分がガタガタになってたりしました

購入の際は実際に手で持ってみて、屈んでみて
体に無理がないかという部分も気にしてみるといいと思いますよ。

昔は鉄製のものもありましたが、強度はあるけれど重いし錆びるしで人気が無くなって、
アルミの需要が高くなっているこの頃。

錆びないし、実は雪かき以外にも結構使われているんですよ。

家庭菜園などしている方は土を掘ったり、肥料を撒いて土と混ぜたり。

畜産業では、牛などの餌を寄せ集めたり、敷き詰めているもみ殻の掃除に使ったり。

冬だけではなく年中使えて幅広い用途があるという点も
大きな魅力のひとつだと思います


特に角型よりも多くの雪を運ぶことができる形は大人気の品ですよ。

さいごに

雪かきのためのアルミ製スコップについて、人気のおすすめ商品等をご紹介しました。

プラスチックのように、雪に特化して柄が長いものがあったりしないのが
残念ですが、他の用途でも使おうと考えると
アルミ製も十分選択肢に入ってきますね


スコップを雪以外にも使うか?

いろいろと用途を考えながら選択すると良いですね。

【関連記事】
>> 雪かき用アルミ製スコップのおすすめは?プラスチックとの比較!

>> 雪かき用スコップの折りたたみができるものはおすすめか?

>> 雪かきのコツまとめ!2015年の大雪に備える!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ