霜寒の候の時期はいつ?例文で意味や読み方をご紹介!

「霜」がつく時候の挨拶ってけっこうありますね。

今回は「霜寒の候」をご紹介します。

読み方は「そうかんのこう」です。

なぜ霜が多いのか考えてみたんですが、

皆さんは「霜月」って言葉聞いたことがありますか?

旧暦で月を表す言葉の一つです。

師走(12月)、神無月(10月)くらいは割と有名ですが、

わりとマイナーなのが霜月です。

答えをいうと霜月は11月を表します

なので、霜がつく時候の挨拶の時期は・・・だいたい想像できますよね。

今回も霜寒の候について、具体的な例文等をまじえて紹介していきます。

結びの言葉もご紹介するので、ぜひご確認ください。

スポンサードリンク

「そうかん」とはどういう意味?

意味としては、霜が降りることになりますので、

霜が降りる時期になりましたね、といった意味になります。

まあ、地域によっても若干の違いはありますが、

だいたいの時期が想像できるのではと思います。

時期は何月のいつからいつまでに使うのか?

使う時期としては、11月から12月中旬あたりになります。

感覚的には11月下旬くらいが最適だと思います。

冒頭でも書いた通り、霜月に使うのが、良い気がしますが、

ずばり何月何日を指す言葉ではないので、ある程度は許容範囲です。

12月中旬を過ぎたら、別の時候の挨拶が候補になると思います。

手紙での具体的な例文

具体的な挨拶や結びの言葉を例文使ってご紹介します。

霜寒の候、冷気が募る朝、庭にも初霜が降りる季節となりました

 ⇒庭に初霜が降りたら、こうした表現が良く使われます。

  だいぶ朝が冷え込む季節です。

  霜に関連して、別の情景が思い浮かぶようでしたら、それを書いても良いですよ。


霜寒の候、こちらはもう初雪が降りました。冬の訪れが今年は早いようです。

 ⇒地域によっては、早ければ初雪が降る季節です。

  冬の訪れが早いと感じたら、こうした表現がおすすめです。 


霜寒の候、野山の色が変わり、遠くの山はもうすっかり雪化粧です

 ⇒地方だとこうした情景もよくありますよね。

  山々が冬の訪れを教えてくれたなら、それを手紙に書きましょう。


<結びの言葉>

十一月も終盤を迎えました。風邪をひかぬよう過ごしましょう

 ⇒寒くなる季節、風邪をひかぬようといった表現が結びに使われることが多いです。

  暖かくして過ごしたいものです。


今年もあと一か月あまり。充実した毎日をお過ごしください

  ⇒今年残りわずかといった表現も良くつかわれる表現です。

   一年があっという間だったと感じる時期です。

   充実した日々を送りたいですよね。


・冬支度を早めにし、どうぞお体にお気をつけください。

  ⇒冬支度をというのも、この時期使われる表現です。

   本格的な冬はもうすぐです。

スポンサードリンク

親しい方に送る少しくだけた表現


一般的な表現をご紹介しましたが、

少しくだけた表現もあげてみます。

例えば、こんな挨拶はいかがでしょうか?


霜寒の候、今年のボジョレー・ヌーボーは大変できが良いと聞きました。

 もう楽しまれましたでしょうか。


 ⇒ボジョレーヌーボーを楽しみにしている方、結構いますよね。

  手紙を送る相手がボジョレーを楽しみにしているようなら、こうした表現も良いです。

  相手に合わせて挨拶を考えるのも手紙のだいご味です。

さいごに

今回は霜寒の候をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

霜の降りる季節ですから、これからますます寒くなる季節です。

温かい飲み物でも飲みながら、手紙の内容を考えたいところです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ