結婚式の服装マナー男性編!スーツとネクタイの柄や色は?

ある年齢になると急に来るんですよね。
友人の結婚ラッシュが・・・

そうでなくても社会人ともなれば、会社の同僚や親戚等の
結婚式に呼ばれることもめずらしくなくなります。

披露宴に呼ばれたけど、出席するときにどんな格好をしたらいいの?

こういう時は個性よりもマナーが大事

結婚式の服装マナー男性編をご紹介しますね。

スポンサードリンク

スーツの色や柄は?

最近の男性の結婚式出席のスーツとしては、シングルが多いですが、
40代、50代ぐらいの男性の場合には、
結婚式はダブルのブラックスーツというイメージを持っている方も多いみたいです。

基本はブラックスーツですっきりとしたラインのシングルのものがオススメです。

danseifuku01
柄は無地か目立たないストライプがよいでしょう。

最近は、カジュアルなスーツを着ている人も増えてきていますが、
結婚式は正式な式典なので出来ればブラックスーツを着るようにしましょう。

親しい友人だからといって、蝶ネクタイとか
若干うけねらいの格好をする人もたまにいますが、
新郎新婦の両親や親戚一同が集まっているわけですから、
披露宴ではそういうのはいらないです

二次会にとっておきましょうね。^^;)

ネクタイの色や柄は?

以前は結婚式に出席すると言えば、ブラックスーツに白のネクタイでしたが、
最近では少し変わってきています。

とはいえ、普段仕事で着ていくようなスーツにネクタイではいけませんよ。

例えばこんな感じです。

danseifuku02
白いシャツに光沢のある水色のネクタイは、華やかに見えますね。

ほかにもグレーの光沢素材のネクタイなど、
お祝いの席にふさわしいネクタイとポケットチーフで
出席すると恥をかくこともないでしょう。

ちょっと個性を出したいのであれば、これがぎりぎりですかね。

スポンサードリンク


カジュアルスーツはNG

結婚式はスーツならなんでもいいんじゃない?って考える方もいますが、
そういうわけではありません。

スーツと言ってもカジュアルなスタイルな物から
フォーマルまでありますので何でもいいというわけではないのです。

派手なYシャツや、ノーネクタイもNGです。

一見ブラックスーツ・・・でもノーネクタイ・・・では、
カジュアルダウンしてしまいます。

ブラックフォーマルなんてダサいと考える若い人も多いようです。

また、ドレスアップした同年代の女性も参加するからと
気合入れたいって気持ちもあったりするようですね。

主役は新郎新婦、ここはぐっと我慢してくださいね。

例外としては、レストランウェディングなどでカジュアルスーツでも
OKの場合もありますので、確認してみましょう。

確認するときは一緒に参加する友人がいいですよ。

以前親戚がレストランウェディングで、カジュアルな格好でご参加くださいって
案内状に書いてありましたけど、男性はみんなスーツでしたからね。

さいごに

今回は、男性の結婚式の服装マナーについてご紹介しました。

最近は結婚式自体のスタイルも多種多様となっているので、
服装に関してもこれが決まりというのはありません。

けれども、基本はブラックフォーマルです。

出席する方の中にはご年配の方もいますので、
基本的なマナーを守った上で自分なりのおしゃれを楽しむと良いでしょう。

ほんと、人の結婚式で目立つ必要なんてないですからね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ