仲夏の候の意味とは?時期はいつからいつまで?例文で解り易く!

「夏」がつく時候の挨拶のひとつに「仲夏の候」があります。

読み方は「ちゅうかのこう」です。

仲夏ってあまり使わない言葉で、正直ピントきませんね。

いつからいつまで使えるんでしょうか?

今回は仲夏の候について、意味や使う時期、使い方を例文で具体的にご紹介します。

スポンサードリンク

夏がはじまりますね!といった意味があります

仲夏とは、夏の真ん中のことを指します

「じゃあ、8月かな?」って思っちゃいますが、
現在の暦の「夏」とはちょっと違うんですね。

具体的な時期は下で説明しますが、
意味としては

「夏が始まりますね」
「これからもっと暑くなりますね」


といった意味になります。

いつからいつまで?手紙で使う場合の時期

仲夏を使うのは6月のはじめの芒種(6月6日頃)から7月初めの小暑までの時期です。

「芒種」「小暑」って何?って方は、
二十四節気についての記事で、わかりやすく解説してます!

これを過ぎてしまうと、仲夏は使えずに盛夏等の他のものに変えなければなりません。

時候の挨拶は使う時期がとっても大事!

手紙を書いている時ではなく、相手に手紙が届く時の時期なので、
実際に使うときは、手紙を投函していつくらいに届くかな?って
考えないといけません。

だいたいの場所は3日くらいでとどきますから、見計らいましょう!

多少遅れてしまっても問題はないですが、残暑見舞いの頃に仲夏の候を使ってしまうと、
さすがに時期違いにもほどがありますので気をつけましょう。

だいたい6月に書く手紙であれば仲夏で構いません

スポンサードリンク


ビジネスや友人への手紙に使う時の文例

時候の挨拶は、基本的に冒頭に使います。

例:仲夏の候、貴社ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

ビジネス文章でしたらやっぱりこれですね。
どの時候の挨拶でも共通的に使える文章です。


仲の良い友人に手紙を送る場合は、そこまで固い挨拶は使わないほうが良いです。

上のビジネス文章で送ったら、「ちょっとどうしたんだろう?」って思われるかも。^^;)

例:仲夏の候、最近暑くなってきましたが、お体に変わりはないですか?

例:仲夏の候、日に日に暑くなってきておりますが、お元気でお過ごしでしょうか?


といったものでよいです。

体調など相手を気にかける文章にするのが良いですね。


また、梅雨の時期とかぶることがあると思いますが、
あまり「ジメジメして嫌ですね」などのマイナス印象の文章は避けましょう。

これから夏がはじまりますね、といった文章が良いですね。

例:仲夏の候、日差しが眩しくなってきましたね、お元気でお過ごしですか?

例:仲夏の候、日向を歩くのがつらい時期になってきましたね、おかわりはありませんか?


こういう風に使うと、カラッとする時期が近づいているなと感じられて良いです。


時候の挨拶は手紙の最後につけることもあります。

例:仲夏の候、これからもっと暑くなりますが、お元気でお過ごしください。

例:仲夏の候、もうすぐビールの美味しい季節になりますので、それまでお互いに楽しみに過ごしましょう。


冒頭と末尾、どちらで使うにせよ時候の挨拶の後には
相手を気遣う文章を書いて、双方に取って嬉しい手紙にしましょう。

さいごに

仲夏の候について、意味と使う時期、文例をご紹介しました。

夏といいつつも、主に6月に活躍する時候の挨拶なんですね。

ここらへんの季節感は
二十四節気についての記事でわかりやすく解説してますので、
確認してみてくださいね!

▼その他「7月の時候の挨拶」はこちらです!
向暑の候
盛夏の候
猛暑の候
大暑の候

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ